長編恋愛小説>二人のDistance>第01話「あなたへの「明けましておめでとう」」

あなたへの「明けましておめでとう」


 ―――メールアドレスは知ってるんだよ…。

 ―――じゃあ、メールすれば良いじゃない。

 ―――それはそうなんだけど…。

 ―――大体私にもまだ新年の挨拶してくれてないよ?(笑)

 ―――あ、ごめん。あけおめことよろ(笑)

 ―――うん、あけおめことよろー。

 ―――で、どうしよう…。

 ―――メールの年賀状如きでうだうだ悩んでる暇あったら、その時間を使ってメール書きなよ。

 ―――そうだよね…。書くしかないよね。

 ―――そうだよ、書かなきゃ。

 ―――うん! …でも、何て書こうかな?



 と、久川 瑛(ひさかわ えい)がメールを送るなり、その相手である、古藤 海姫(ことう みき)から電話がかかってきた。

「…もしもし?」

 瑛が恐る恐る相手の様子を探る。

「とりあえず明けましておめでとうございます」

 と、もう一度新年のご挨拶。瑛も慌てて「明けましておめでとうございます!」とお辞儀をしながら答える。

「いやいや、お辞儀はしなくて良いから」

 と、笑いながら海姫。

「えぇっ、なんで判るの?!」

 瑛は驚愕した。

「いやー、長い付き合いですから」

 と、笑いながら海姫。

「うぅ…」

 頭をたれる瑛。

「そんなことよりさー」

 海姫が不満げな声で言う。

「たかがメールじゃない。何でそんな気をもむのよ?」

「うん…」

 曖昧に答える瑛。

「今までメールしてなかったわけじゃないでしょ?」

 海姫が問いかける。

「いつもの調子で、気軽に行けば良いじゃない?」

 瑛はベッドに座って、手近にあったぬいぐるみを弄ぶ。熊を可愛らしくデフォルメしたそれの鼻を押したり、手を振る仕草をさせてみたり。

「…実は」

 そうして瑛は、先ほどの海姫の問いかけにかなり遅れて返事をする。

「…まさか」

 と、その不吉な前置きに狼狽する海姫。

「メアド交換してから一回もメールしてなかったりして…」

 おどけた調子で言う瑛に、いよいよ海姫の激昂が飛んだ。

「何してんのよ!」

 余りの声の大きさに、思わずケータイを耳から離す瑛。

「折角手伝ってあげたのに、私の苦労を無駄にする気?!」

 瑛は再びケータイを耳につける。

「ご、ごめん」

「謝らないで」

 ピシャリと言い放つ海姫。

「あー、もう! 瑛、待ってるだけじゃ駄目だよって、あんなに言ったじゃない」

 海姫はため息交じりに言う。

「瑛の性格も知ってるし、恥ずかしいのも判るけど…今のままじゃ、絶対気持ちなんて伝わらないよ?」

 瑛はぬいぐるみを抱きしめる。

「…うん」

「言葉にしなきゃ」

 海姫の優しい声が、瑛の気持ちを和らげる。

「その一歩として、まずは電話切ったら達也君への年賀メールを書き始めること!」

「…はい!」

 瑛の元気な声を聞いて安心した海姫は電話を切った。

 瑛はケータイの待受け画面を暫く見つめていた。



「…よしっ」

 瑛は自分に言い聞かせるように態と声を出すと、勢い良くメール新規作成画面を開いた。

タイトルには「明けましておめでとう」と書き、慣れた指つきでメールアドレス欄に件の相手、中川 達也(なかがわ たつや)のそれを挿入する。

 そしていざ本文に入る。と、途端に指が止まる。

「………」

 息まで詰まっている瑛。目は真剣そのものだ。

「…はぁ」

 と、いきなり気が抜ける瑛。

「うぅー…挨拶以外、何も言いたいことが浮かばないよぉ」

 うなだれる瑛。

 正確には、浮かばないのではなく、浮かびすぎているようだ。

「あんまり長いと引くだろうし、でも返って短いと愛想がないって思われちゃうだろうし…」

 伝えたいことは沢山ある。

例えば、去年達也と知り合いになれて嬉しかった、とか、今年はもっと話がしたいね、とか…本当に色々。

「どれを書けば良いのかなぁ…」

 瑛はそのままベッドに横たわると左腕を目にかざした。

 

* * *



「達也くーん!」

 それは海姫と瑛の、共通の友達の家で行われた、クリスマスパーティーの席でのことだった。

 海姫は瑛を引っ張るようにして中川達也の隣に座った。

「あれ、海姫に瑛ちゃんか。どうしたの?」

「いやいやー、メリクリ」

 海姫がおどけていう。釣られて笑って、達也も「メリクリ」と返した。瑛はそんな二人のやり取りを楽しそうに見ていたが、我に返ってそっ、とその場を逃げ出そうとする。

「待て」

 海姫に洋服の首根っこを掴まれる。

「う〜…」

 瑛は唸った。

「瑛ちゃん、メリクリ」

 達也は笑って瑛にもそう言った。

「う、うん」

 顔をほんのり赤く染めて、瑛は頷いた。

「あのねーたっちん、お願いがあるのー」

 と、唐突に海姫が口を挟む。

「瑛にメアド教えてあげて?」

 そしてストレートな交渉。瑛は慌てて海姫の腕を引っ張った。

「痛っ、何よー」

 海姫が批難の声を上げる。瑛は目を固く瞑って首を左右に振っている。

「海姫ー…ストレート過ぎだよ、もっと間接的に…」

 と、小声で海姫に要求する瑛。

「えー」

 あからさまに嫌そうな顔をする海姫。

「お願い!」

 また小声で言う瑛。

「…他力本願って言葉知ってる?」

 と、海姫は意地悪そうな視線で言う。

「う、うん」

 瑛は気後れしつつも頷く。

「…例えばどんな風に間接的よ?」

 不思議そうな目で二人のやり取りを見ている達也など、気にも留めないで二人は会話を続ける。

「たっ、例えば? …例えば、そう! 天気の話とか!」

 これは名案、と言わんばかりの門面の笑みを浮かべて英は提案する。

「却下」

 それを、海姫は何の躊躇いもなく否定する。

「えー!」

 今にも泣きそうな顔の瑛。

「あのねー、余りに古典的過ぎよ? 加えて面白くない」

「面白さはいらないと思う…」

 反論する瑛。

「駄目よ瑛。そんな志の低いことでは! プロへの道は厳しいの。判る?」

 海姫は瑛の肩を掴んで言い聞かせる。

「う、うん」

 瑛は気迫に押されてついつい頷いた。

「あはは…」

 突然、海姫の背後から笑い声が聞こえた。瑛も海姫も振り返る。と、達也が笑っていた。

「何か良く判らないけど、二人とも面白いね」

 瑛は達也の笑う顔を見て、胸が疼いた。

「『嗚呼、この笑顔の傍に居たい…』って所かしら?」

 瑛の熱い眼差しを冷静に観察する海姫。含みのある笑い方をしているのが、瑛の気に障った。

「もぉー! 海姫!」

 瑛が声を荒げるのを、笑い倒す海姫。

「あはは、瑛可愛い〜」

 暴れる二人を見て達也はまた笑った。

「瑛ちゃん」

 不意に、達也が瑛に声をかける。瞬間、瑛は凍りついたように動きが止まる。

「は、はい」

 瑛は狼狽しつつも返答した。

「メアド教えて? 海姫のは知ってるけど、瑛ちゃんのは知らないよね?」

 達也の問いかけに、無言で、しかし力強く頷く瑛。その様子を見て笑いを堪えるのに必死になっている海姫。

「じゃ、同じキャリアみたいだし、赤外線付いてる?」

またしても無言で必死に頷く瑛。

「じゃ、送るよー」

 達也は笑って自分のデータを送信した。瑛は耳まで赤く染めて、ケータイの画面を見つめている。

 程なくして、通信終了、データ一件を受信しました、と表示される。瑛は電話帳を開いて確認する。

「…届いてる」

 画面に表示された、中川達也の名前と電話番号、そしてメールアドレスに、瑛は感動している。

「海姫、やった! 交換したよ!」

はしゃぐ瑛を見て、海姫が笑いを堪えながら冷静に告げる。

「正確には交換してないよ」

 達也は一人喜ぶ瑛を見て、やはり声を上げて笑っていた。



* * *



 唐突に聴きなれない着メロが鳴った。

 瑛は慌てて起き上がった。どうやらいつの間にか眠っていたようだ。

 画面にはメール着信アリの文字。瑛はぼんやりとした意識の中で、先程の着メロの曲を頭の中でもう一度繰り返した。

 そのメロディーに、瑛の眠気も霧散した。

 Squall―――福山雅治の楽曲で、それは以前達也と会話した短い時間の間に、瑛が聞き出した達也の好きな曲だった。

 瑛はその日の内に着メロサイトで同曲をダウンロードしていた。いつの日にか、達也と番号交換が出来た時、その曲を達也からの着信音に設定しようと心に決めて。

 そしてそれは、あのクリスマスパーティの日に叶った。が、着メロに設定したのは良いけれど、一度として鳴ることのなかったその曲が…今、鳴っていた。

 瑛は慌ててメール受信画面を開いた。未開封マークのついたメールの差出人は、やはり達也だった。

 タイトル「明けました!」と表されたメールを、瑛は食い入るように見入った。

『瑛ちゃんへ

 新年明けました、おめでとう! クリスマスパーティー楽しかったね。今年は去年以上に話をしたり、メールしたり出来たら良いな。今年も瑛ちゃんにとって、ステキな一年でありますように!』

 瑛は感激した。そのメールが、誰にでも当てはまるような言葉の羅列ではなく、瑛だけに向けた言葉で構築されていたから。

『p.s.新宿にお洒落なカフェを見つけたんだけど、今度一緒に行かない?』

 更に、デートの誘いまで書いてある。

「〜〜〜!」

 瑛は声にならない声を上げてその瞳を輝かせた。

「やったぁー!」

 勢い良く手を挙げた瑛。ベッドの上で立ち上がってそんなことをしたものだから、天井に手をぶつける。

「〜〜〜!」

 今度は声にならない悲鳴を上げる。

 暫くうずくまって、瑛はおもむろに達也のメールに返信を始める。タイトル「Re>明けました!」のまま、本文を書き始める瑛。

「うん、絶対行くよ! 今から楽しみだよ! 早くその日がこないかな〜?」

 瑛は一文字ずつ声に出しながら打って、送信した。

 嬉しくて瑛は何度もメールを読み返す。

 数分後、達也からの返信が来た。Squallのメロディが心に優しく響く。

 瑛は手早くメールを開く。

「うん、約束したよ!」

文末には笑顔のフェイスマークがあった。達也とは似ても似つかないそのフェイスマークが、何故だろう、達也の笑顔を想起させる。

 本文はまだ続く。一行開いて、次の文章が表示される。

「…でも、新年の挨拶はしてくれないんだね?(笑)」

「えぇっ?!」

 瑛は吃驚して達也のメールを閉じると、自分が送信したメールを読み返す。

「はぅ…」

 デートの誘いが余りに嬉しくて、新年の挨拶を忘れている。瑛は慌ててメールを書こうとした。

しかし、指の動きが止まる。

「折角なら…」

 瑛は呟くと、電話帳を開いて達也の情報を開く。少し躊躇われたけれど、どうしても口で言いたかった。

 その気持ちに力強さを感じ、瑛は戸惑いをかなぐり捨てて通話ボタンを押す。

「…もしもし? 瑛ちゃん?」

三コール目で達也の声がする。久しぶりに聞く達也の声に、胸の高鳴りは更に激しさを増した。

「あの!」

瑛は頬を真っ赤に染めて言う。

「明けまして、おめでとうございます!」

 瑛のいきなりの挨拶に、達也は気後れしたが、電話の向こう側で微笑むと「…明けましておめでとう」と返事をした。

 それから、長い間電話越しにではあるけれど、話をした。

 瑛は達也との会話を楽しみながら、今年は良い年になる、と確信した。

 


 

NEXT|
ホーム| INDEX| WEB CLAP |


2009年10月28日:デザイン改修
2005年01月07日:初出